スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスプレ文化圏、神田に拡大中 サラリーマンがメイド寿司

それはなんか違わないか、と思わないでもないが、コスプレ文化が秋葉原からほど近いサラリーマンの街・神田に拡大しつつあるという。コスプレ酒場ではメイド姿の「おとめ板」さんが寿司を握ってくれるらしい。

店のMCがダンスタイムを告げると、女の子全員が総立ちでノリノリのダンスを披露(クリックで拡大) オタクの街、東京・秋葉原を中心に、人気を集めているコスプレ文化が、サラリーマンの街・神田にまで勢力圏を拡大しつつある。コスプレ焼き肉から居酒屋、果てはスロットまで業種は多種多彩だ。サラリーマンの胃袋とハートを鷲掴みにするサービスの中身を突撃ルポしてみた。

 JR神田駅高架下の暗い路地を歩いていると、一際目立つ光を放つ一軒の店を発見した。店の名前は「メイドスロット神田」。店内は103台のスロット機が並ぶいたって普通のスロット店だが、「約30人在籍しているメイドの女の子が両替やドリンクを持ってきてくれる」(店舗関係者)というサービス付きだ。最近になって、このような「メイド」「コスプレ」を看板に掲げる店が神田で目立ち始めた。

 駅北口から徒歩1分、商店街の一角にある焼き肉店「OK牧場」もそのひとつ。<コスプレギャルがお肉を運んでくれます>という宣伝文句に胸を高鳴らせていざ潜入。同僚2人とともに店に足を踏み入れると、ギャルたちの「サンキュー、ダーリン!」という掛け声で出迎えられた。

 店内は平日にも関わらず、2階まで大盛況。お客の大半を占めるサラリーマン風のオヤジたちの熱気でむせ返る。

 在籍する約30人の女の子のなかから、接客してくれたのは、ランジェリー風コスがソソるララクン(23、B85W58H86)とミツバチコスプレのギャル曽根似リンカクン(22、B83W58H85)。基本メニューは1時間焼き肉食べ放題3500円にドリンク飲み放題が1500円となかなかリーズナブルだ。


また、オプションで1000円を払えば、なぜか食事中に「耳かきサービス」も受けられる(クリックで拡大) 1席に女の子が1人ついてくれるが、お触りは御法度。ただ、コスプレギャルが「あーん」してくれる嬉しい“肉弾接待”がもれなくついてくるほか、追加1000円で膝枕での耳かきサービスもある。

 <神戸三田牛黒毛和牛使用>という触れ込みだった肉は、「牛肉よりむしろ鶏と豚のほうが多かった」(客)というオチつきだが、これで1時間飲んで食って、おまけにギャルの濃厚サービスが付くなら安いかもしれない。「あくまで飲食店。多くのお客様に楽しんで頂きたい」(店長)ということでキャバクラのような指名制はない。

 この店では、店員だけでなく客もコスプレを楽しむことができる。興が乗るとマイクを持ちハッピを着た店員が登場し、やおらパチンコ店員風MCを始める。「OK牧場ダーンス!!」と掛け声が挙がるとギャルが一斉に踊り始める。園児服のコスプレをしていたオジサンもご満悦の様子で、フィーバーしていた。

 最後に立ち寄ったのは西口から1分の雑居ビル3階の寿司居酒屋「コスプレ酒場 不思議亭」。一見、何の変哲もない居酒屋風の店内。だが、流れるBGMは全てアニソン。席につくや人気ゲームキャラに扮したこまちクンが「お帰りなさいませ、ご主人様」と鼻にかかった“萌え”声で出迎えてくれた。「客層はサラリーマン8割、アキバ系2割。従業員全員がコスプレで接客します」と話してくれた店長の古川友子さん(27)。

 売りは萌えッ子が握ってくれる寿司。「店の女の子8人は見習いとして訓練した『おとめ板』。お客さんの目の前で寿司を握ります」(古川さん)。実際に「乙女板派遣☆寿司セット7カン」(1780円)を握ってもらったが、なんとなく頼りなげなメイドが一生懸命寿司を握る姿は確かに“萌える”かもしれない。

 「おっぱい豆腐」(700円)や「ギザウマスセット(にぎり寿司)」(880円)など遊び心たっぷりで、その筋の人でなくとも楽しめそうだ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/31/news106.html
スポンサーサイト

07年下半期に販売されたコスプレ衣装の人気ランキング

エヴァの1位は納得ですが、10月から放映開始したクラナドが2位に食込んだのには驚きました。
3位のシャナの制服は可愛いけれど、コミケやドリパなどの大型コスプレイベントで、そんなには見かけなかっただけに、こちらも意外。(夏服だし、5人として見られなかった気が…)
らき☆すたはアニメは人気でしたが、コスプレするにはちょっと…という感じでしょうか。
そして未だ人気の衰えないハルヒが6位、根強いです。

ちなみに去年一年を通してコスプレイベントで見かけたものを私的にランキングすると、
1位・ハルヒ関連、2位・エヴァ関連、3位・ひぐらし関連、4位・ToHeart2関連、5位・ガンダム関連 、といった感じです。(付け足すならば、ローゼンもよく見ました)

以下のランキングは既製品の人気であって、実際のコスプレイベントで着られるものとは異なるようです。(イベントでのレイヤーさんは、ほぼ自作だと思うので)

1位
新世紀エヴァンゲリオン
第三新東京市立第壱中学校女子制服

2位
クラナド
3年女子制服

3位
灼眼のシャナ
御崎高校女子制服 夏服

4位
とらドラ!
女子制服

5位
スクールデイズ
榊野学園女子制服

6位
涼宮ハルヒの憂鬱
県立北高校女子制服

7位
らき☆すた
陵桜学園高校女子制服

8位
リトルバスターズ!
女子制服
 
9位
ハヤテのごとく!
白皇学院女子制服(冬)

10位
ARIAカンパニーユニフォーム

コミケ開幕…コスプレ愛好家で熱気ムンムン

“サブカルチャーの祭典”として知られる同人誌即売会「コミックマーケット」(コミケ、コミックマーケット準備会主催)が29日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕。全国各地からマニアが駆けつけた。31日まで。

 今回は73回目。アマチュア作家が既存の漫画やアニメ、ゲームのキャラクターを使って別の話を創作した同人誌などが展示販売され、会場はマニアでごった返した。

 屋外広場ではコスプレ愛好家たちがアニメやゲームなどに登場するキャラクターの衣装に身を包み、写真を撮って交流。独特の熱気にあふれていた。(MSNにゅーす)



アキバの正月実況中継 神社にメイド

年末年始、全国から集まったオタクたちが“聖地巡礼”で訪れる秋葉原はどっと混み合う。東京で開催された同人誌即売会「コミックマーケット」に吸い寄せられるのが理由らしい。さて、この時期、アキバではいったい何が起きているのか。大みそかから元旦にかけて秋葉原を歩いてみることにした。そこで見たものとは…私の萌え初めをご紹介しましょう。(安岡一成)

 身を切るような寒さがこたえた大みそかの昼下がり。通りには、大きなカバンやキャリーバッグを転がして歩く人がいつもより目立つ。聞こえる会話から、コミケ帰りの人たちらしい。地方のオタクにとってアキバは“聖地”なのだろうか。壁面に大きくアニメのキャラクターが描かれたビルが立ち並ぶアキバ独特の街並みを写真に収めていた。

 やがて、午前0時が近づくとともに、カウントダウンイベントを行うゲーム店や、メイドカフェの前には続々と人だかりができ始めた。

 JR秋葉原駅電気街口から一番近い、漫画やゲームソフト販売している「ゲーマーズ」前には、数百人のオタクたちが続々と集合。車のボディーにアニメのキャラクターを大きく描いた「痛車」(いたしゃ)で駆けつけるファンも。人出は店の予想を上回り、全員に配布するはずの引換券がすぐになくなった。

 ゲームの主題歌を歌うアーティストや声優などが登場し、いよいよカウントダウン。

 「3、2、1、0!」のかけ声でそのときを迎えた。その後、アーティストのライブや福袋販売などが行われ、熱気は最高潮に達した。

 その後、原稿を書こうとメイドカフェを探して歩いたが…どこも前売りチケット制のイベントを行っており、一見さんはお断り状態。ある有名店では、入り口のガラス扉の向こうから何やら楽しそうなかけ声が聞こえてきた。よく分からないが、ものすごい興奮状態であることだけは伝わってくる。「ああ、うらやましい…」と店を後にした。一方、通りは暗く、歩く人の姿もまばらだった。

一夜明けた元旦、再びJR秋葉原駅の電気街口へ。ビラ配りのメイドは姿を見せなかったが、人出は週末なみだ。

 すぐ近くにある「秋葉原無料案内所」では、縦90センチ、横1・8メートルの大きな絵馬が掲出され、観光客が願い事を書き込んでいた。

 「今年こそコミケ完全制圧」「アキバのメイドさんになりたい」…。いかにもアキバ系らしい願い事がイラストともにめじろ押し。

 私も「【サブカル最前線】のページビューが大きく伸びますように」と書き込んでおいた。

 案内所にいたのは、メイドのわかさん。この日はみこ姿だった。「神田明神に出張案内所を出してて、マスダさんがいますよ」。そう言われると、彼女のファンのためにも行かずにはいられない。そういえば、初詣もまだだったし、一石二鳥だ。

 神田明神(千代田区外神田)は東京の中心地である神田、秋葉原、大手町、丸の内など108の町会の総氏神。江戸総鎮守として尊崇されている。

 正月三が日の参拝客は30万人。仕事始めの4日には約1000社の企業が商売繁盛を祈念しにやってくるそうだ。



 初詣の参拝客でごった返す境内で、せわしなく案内マップを配るマスダさんを発見した。この日はグリーンのメイド服。

 「お参りの後にはアキバにお帰りください、ご主人様」と、言いながらまぶしい笑顔を振りまく彼女に、参拝客のオジサン連中もデレデレだった。

 よく見ると、マスダさんは半袖。「寒いでしょう?」と聞くと、「長袖だとマップをお渡しするときに擦れて汚れてしまい、見た目がよろしくありませんので」。見上げたメイド魂ではありませんか。今年の抱負は「アキバに、ご主人様、お嬢様にご帰宅いただけるように盛り上げていくこと」だそうだ。ハイ、毎日帰宅します!

 それにしても、神社にメイドとはミスマッチなのでは?。同神社の神職、岸川雅範さんは「氏子さんでもありますし、都会の神社ならではということで、アリなのではないでしょうか」。

 アキバに近いだけあって、同神社では珍しい「IT情報安全祈願」のお守りも販売している。パソコンからの情報漏洩(ろうえい)やマシンのフリーズなどが起こらないようにとのものらしい。

 お参りを済ませ、原稿を書くため(本当は萌え初めのため)メイドカフェに。正月で多忙を極めているため撮影はできなかったので見たままをリポートすると…。

 最初の店では突然、メイドが客と早食い競争を始めた。負けた客には罰ゲームとして「ペチッ」と控えめなビンタが浴びせられていた。

 次の店では、正月の特別メニューとしてお雑煮があったので、注文してみた。汁が真っ黒いしょうゆベースのが出てきた。これが東京式なんだろうか?関西暮らしが長い私にはイマイチ。やがて1時間が過ぎたので強制退去となった。

 午後5時には秋葉原を夕闇が包んだ。今年もきっとアキバはアキバらしく私たちを萌えさせてくれるだろう、と確信し、街を後にした。(MSN産経にゅーす)

メイドさんはすべて男性でした


MSN産経ニュースから
メイドカフェが乱立する東京・秋葉原で「ついにここまできたか」という店をみつけた。メイドは全員が女装した男性。オーナーすら「絶対よそはやらない悪ふざけ」というその店に足を踏み入れてみた…。(安岡一成)


 13日午後、秋葉原の路地裏の店。恐る恐る入っていくと、メークばっちりの“メイドさん”たちが出迎えてくれた。

 「お帰りなさい、ご主人様~」。ここでもやはり、このフレーズだ。オープンと同時に続々と客が入り始める。客層はいたって普通だ。

 「ここ2、3年、アキバでやたらと妙なものがウケルようになりましたね」と笑うのは、この店「雲雀亭(ひばりてい)」のオーナーだ。

 昨年、他店の店舗を借り切り、メイドが女装男性のカフェをゲリラ的にオープン。以後、月に数回だけ、イレギュラーに営業しているという。

 それにしても、なぜ女装なのか? 「ぶっちゃけ悪ふざけです。よそは絶対やりませんから」ときっぱり。もっと詳しく聞いてみた。

 以前オーナーが普通のメイドカフェを経営していたころ、メイドの人数が足りないときにいたずら半分で女装男性を混ぜてみたところ、まったく気づかれなかったことから思いついたという。

 「ちょっとやってみようか? くらいの軽い気持ちで始めたんですが、客がどんどん増えていったため、モデルや女装コンテストの常連の人などに声をかけて集めました」。店を月に数回しかやらないのは、メイドが本職を持った社会人ばかりだからという。

 オーナーの遊び心は止まらないが、メイドの人選には時間をかけたという。「きれいで、女装OKで、ウエイター経験者と三拍子そろった人はなかなかいませんから」。

 全員、女装は趣味だという。本職はライターというみゆぞうさんは「かわいい格好して、かわいいって言ってもらえることが一番ですね」。ふだんはモデルをしているつばめさんは「57センチのウエストが自慢。ダイエット頑張ってます」。

 秋葉原やサブカルチャーに詳しいフリーライター、三品純さんは「秋葉原には特殊な趣味を許容する土壌があり、ここ数年、コスプレイヤーや路上パフォーマーなどいろんな趣味を持った人が集まる場所になった。猫カフェや鉄道カフェなど、特定の趣味を持つ人をターゲットにした変わり種のカフェは今、全国的にもブーム。女装カフェもその流れの一つではないか」と人気の秘密を分析する。

 受け入れがたいと感じがちなスタイルのメイドカフェが次々と出現するのもアキバならではということか…。(MSN産経ニュースから)

雲雀亭にいってらっしゃいませ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。